--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Thu.

傷病手当金の申請について・・・

社会保険(健康保険)の傷病手当金は、傷病の療養の為、

就労が出来なくなり、給料が支給されなかったときに支給されます。

傷病手当金の額は、1日につき標準報酬日額の60%です。平成19年4月から

「標準報酬日額の3分の2に相当する額」に引上げられました。

休んだ日から3日間は支給されず、4日目から支給されます。この3日間を

「待期」といいます。待期は、連続して3日間休まないと認められず、この3日間は

給料等が支払われているかどうかは関係がなく、休日も含まれます。

支給期間の限度は、同じ傷病について支給を開始した日から1年6ヶ月が限度で、

これは暦のうえでの期間をいい、この期間中に出勤している期間があっても、

その間に傷病が治っていない場合は、出勤期間も入れて1年6ヶ月ということになります。

限度の1年6ヶ月を経過すれば傷病手当金の支給は終わりますが、これ以外にも

次のような場合は支給されなくなります。

①厚生年金保険の障害厚生年金又は障害手当金が受けられるようになったとき。

ただし、障害厚生年金(国民年金法の障害基礎年金の額を合算します。)が

傷病手当金の額よりも低いときは、その差額が支給されます。

また、障害手当金が支給されたときは、障害手当金の支給日以後に受けるとした

場合の傷病手当金の合計がその障害手当金の額に達する日までの間は傷病手当金は

支給されませんが、その後は支給されます。

②傷病手当金と出産手当金は同時は受けられません。同時に受けられるときは、

出産手当金が優先します。

③任意継続被保険者又は資格喪失後の給付をうける人が、老齢厚生年金等を

受けることができる場合は、傷病手当金は支給されません。

-----------------------------------------------------------------
★退職後の傷病手当金

被保険者期間が健康保険資格を喪失する日の前日まだ継続して1年以上あって、

資格を喪失した際に傷病手当金を受けている場合(受給権があれば良い)は、

傷病手当金が受けられます。ただし、受けた日から1年6ヶ月が限度です。

なお、待期期間によっては傷病手当金が支給されない場合がありますので注意が

必要です。


追記です!!!


平成19年4月以降は任意継続被保険者の保険給付から傷病手当金の支給が

なくなると言う事でしたが、継続して1年以上被保険者であった場合

(任意継続期間を除く)は、お仕事を終了して被保険者でなくなったあとも、

条件によって、給付を受けられます。

必ず、退職する前に会社からの申請をしてもらって、1回目の支給があってから、

退職するようにして下さいね。
13:30 | 傷病手当金について | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
| top | うつ病で退職を考える前に・・・

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://dead42.blog87.fc2.com/tb.php/19-fe6a54e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。