--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

自立支援医療公費負担申請

先日、自立支援医療公費負担申請の更新にいってきました。

まだ、されてない方、公費負担を受けられていない方は、医療費の負担が

かなり楽になると思いますので、一度かかりつけの先生に相談されたらいいと思います。

こんな制度がある事も知らない方が沢山いると思います。

こちらから医者に伝えないと教えてくれない病院は沢山あります。

少しでも負担が軽くなるよう、まだ申請されて無い方は先生に尋ねて見て下さいね。


<自立支援医療公費負担とは>
通院による精神医療を継続的に要する事になった時に、国が負担を軽減
してくれる制度です。申請すると、医療費が3割負担から1割負担になります

<申請方法>
お住まいの各区市町村担当部署(保健所等又は障害者福祉所管課等)に次の書類を
提出してください。更新は1年ごとで、有効期限の3か月前から申請できます。

必要書類
 ・自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
 ・自立支援医療診断書(精神通院)
 ・世帯の範囲が確認できる書類
  (受診者の名前が記載されている医療保険被保険者証等)
 ・世帯の所得状況が確認できる書類
  (区市町村民税課税(非課税)証明書等)

各区市町村担当部署に出向いて、申請書類をもらった時に詳しく教えてもらえるので、
色々と聞いてみたらいいと思います。

病院で自立支援医療診断書を作成してもらって、必要書類を揃えて、提出すれば完了です。
1ヶ月程で適用されると思います。
申請した日から適用されるまでにかかった費用は後日返金されます。
できるだけ早目に提出されるのがいいと思いますよ。

公費負担の注意点ですが、公費負担は申請用紙を記入してもらった病院でしか
適用されないということです。

病院を変更したい場合、再度新しく通う病院で申請しなければなりません。

この手続きを行う事によって、かなり金銭面は楽になるかと思いますよ。

各市町村によって違うかもしれませんが、私の場合、国保に加入してた時は、

全額負担してもらってました。後、収入によっても負担額が変わるみたいです。

お仕事をされながら通院してる場合、手続きすると会社にバレるんじゃないかと

心配される方がおられますが、まずバレる事はないので安心して下さいね。

あたしがバレてませんからね^^
スポンサーサイト
03:23 | 自立支援医療公費負担申請方法 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。